ニュース
» 2021年08月30日 07時00分 公開

WELL認証の基礎と最新動向、施設のコロナ対策も評価可能にWELL認証(1/2 ページ)

パナソニック ライフソリューションズ社は、WELL Health Safety Rating認証取得サポートサービスの試験的な提供を2021年7月に開始し、WELL v2認証取得支援サービスの展開を2022年度にスタートする。

[遠藤和宏,BUILT]

 パナソニック ライフソリューションズ(LS)社は2021年8月26日、オンラインで「WELL認証セミナー」を開いた。

 会場では、パナソニック LS社 マーケティング本部 空間 ソリューション事業推進部 WELL AP コンサルタント 箱田秀孝氏とカルダー・コンサルタンツ・ジャパン 代表取締役 奥錬太郎氏が「WELL認証」の基礎や「WELL v2」と「WELL HEALTH SAFETY RATING」について説明した。

WELL v2の登録件数は全世界で9547件

 WELL認証は、米国のDelosが開発した認証制度で2014年にスタートし、空間のデザインや構築、運用に「人の心と身体の健康」という視点を加え、より良い建物の創出を目指したグローバルな評価システム。システムは、医学的・科学的なエビデンスに基づき建物を評す。WELL認証の運用は米国の民間団体であるInternational WELL Building Institute(IWBI)が担当している。

 WELL v2は、2020年9月15日に本格的な運用がスタートしたWELL認証の最新版で、建物を通じて人の健康をサポートする10のコンセプトをベースにした評価項目で構成されている。コンセプトは「空気」「水」「食物」「光」「運動」「温熱快適性」「音」「材料」「心」「コミュニティー」から成る。

WELL v2のイメージ 出典:パナソニック ライフソリューションズ社

 評価方法は、24つの必須項目と91つの加点項目で建物を評し、全必須項目を満たした上で、80ポイント以上は「プラチナ」、60〜79点は「ゴールド」、50〜59点は「シルバー」、40〜49点は「ブロンズ」のランクが与えられる。ただし、加点が偏らないように各コンセプトに最低点を設定している。認証手続きは書類審査と実施性能検査で、取得に要する時間は1〜2年。

 WELL Health Safety Ratingは、2020年6月に運用がスタートしたもので、建物の新型コロナウイルス感染症対策を評価でき、WELL認証の要素も取り入れている。認証項目は、清掃と除菌の手順や緊急事対応計画、医療サービスのリソース、空気質と水質の管理、ステーションエンゲージメントとコミュニケーション、イノベーションなどの15〜27つ。認証手続きは書類審査のみで、取得に要する期間は約半年。

WELL v2(左)とWELL Health Safety Rating(右)の特徴 出典:パナソニック ライフソリューションズ社
カルダー・コンサルタンツ・ジャパン 代表取締役 奥錬太郎氏

 カルダー・コンサルタンツ・ジャパンの奥氏は、「審査中と認証済みを含む登録件数は2021年4月20日時点で、WELL v2が全世界で9547件だ。最も多かったのは米国の5140件で、次に英国の1446件、中国の827件が続き、日本は61件だった。WELL Health Safety Ratingの登録件数は2021年3月20日時点で1万2164件となった。最多は米国の9551件で、次いで、メキシコの1393件、イタリアの997件となり、日本は24件だった。WELL Health Safety Ratingでは、新型コロナウイルス感染症の被害が大きいメキシコやイタリアなどで、登録件数が現在も増加している」と語った。

 さらに、WELL認証取得のメリットに関して、奥氏は、「商業施設の場合は、従業員と来客者が安心して入館可能となり、オフィスでは、従業員を大切にする企業として愛着心を高められる。ビルでは、WELL対応施設として、オーナーが質の高いテナントを誘致しやすくなる。企業では、SDGsの活動としてESG(Environment、Social、Governance)レポートに記載し、投資家や利用者へのPRにつなげられる」と話す。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.