ニュース
» 2020年11月18日 08時00分 公開

産業動向:オープンハウス、テレワークに対応した新住宅構想「LWDK」

オープンハウス・アーキテクトは、リモートワークやSOHOの普及に対応すべく、新住居構想「LWDK」を発表した。キッチンやリビングなどの居住空間に作業スペースを設置し、家庭/生活と仕事の両立を目指す。

[BUILT]

 オープンハウスグループで住宅設計・建築事業を展開するオープンハウス・アーキテクトは、リモートワークやSOHOの普及に対応すべく、新しい住居構想「LWDK」を発表した。

 「LWDK」とは、「W(ワークスペース)」を加えることで、「LDK(リビング・ダイニング・キッチン)」を基本形としていた、これまでの日本の家づくりや建築概念を変える新住居構想だ。キッチンやリビングなどの居住空間に作業スペースを設置し、家庭/生活と仕事の両立を目指す。

 同構想では、子どもの見守りや家事をしながら働ける、キッチンやリビングスペースを活用した「オープン」、仕切りがあり家族の気配を感じながら働ける半個室タイプの「セミオープン」、オンライン会議など周りの音を気にせずに済む、完全個室タイプの「プライベート」の3つのスタイルを提案。また、間取り、音、電気、背景など、テレワークの悩みを解決するコンセプト商材も備える。

タイプ1 オープン タイプ1 オープン 出典:オープンハウス・アーキテクト
タイプ2 セミオープン タイプ2 セミオープン 出典:オープンハウス・アーキテクト
タイプ3 プライベート タイプ3 プライベート 出典:オープンハウス・アーキテクト

 コロナの影響によりテレワークが一気に普及した一方で、急激な環境の変化に戸惑いの声も多い。ニューノーマルを迎えたいま、ビフォーコロナの常識とは違った働き方が求められるようになり、「衣食住」を基本とする生活スペースだけでなく、「働く」の機能も必要とされている。同社の顧客を対象とした「理想のワークスペース」を問う意識調査では、約4割が書斎などのプライベートワーク空間を求め、約3割がリビングにワークスペースを用意したいことが明らかになった。同社では、こうした背景から新しい住居構想の提案に至ったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.