ニュース
» 2020年10月20日 09時00分 公開

プロジェクト:三井不動産と竹中工務店が東京・日本橋で高さ70mの木造オフィスビルを開発

三井不動産と竹中工務店は、東京都中央区日本橋本町で、木造地上17階建て、高さ70メートルのオフィスビルを開発する。今回のプロジェクトでは、木造高層賃貸オフィスビルを建設することで、都心で働くワーカーや来館者、周辺の住人に木造ならではのぬくもりと安らぎを与え、都心での街づくりの新たな価値創造や景観を生み出す魅力あふれる場の構築を目指す。

[BUILT]

 三井不動産と竹中工務店は2020年9月29日、東京都中央区日本橋本町で、木造高層賃貸オフィスビルを建設することを発表した。

構造材に使用する木材量は1000m3

建設予定の木造の賃貸オフィスビル 出典:三井不動産

 建設予定の賃貸オフィスビルは、木造地上17階建てで、高さは70メートル、延べ床面積は2万6000平方メートル。所在地は東京都中央区日本橋本町1丁目3番地で、敷地面積は約2500平方メートル。用途は事務所や店舗、駐車場で、基準階のオフィス面積は約991平方メートル。設計予定者は竹中工務店。着工は2023年で、竣工は2025年を見込んでいる。

 建物の構造材に使用する木材量は1000立方メートル超えとなる見通しで、大量の木材を活用することにより、同規模の一般的なS造のオフィスビルと比較して、建築時におけるCO2排出量の約20%カットが実現すると想定している。

 利用する木材は、三井不動産グループが保有する森林をはじめ、国産材を積極的に用いていくことで、建築資材の自給自足と森林資源と地域経済の持続可能な好循環を果たし、環境に優しいプロジェクトを目指す。

 主要な構造材には、竹中工務店が開発した耐火集成材の「燃エンウッド」を採用する。燃エンウッドは、国土交通大臣より耐火構造の認定を受けた技術で、独自の燃え止まり機構により、スギやヒノキ、カラマツなどの代表的な国産材を木の温もりを感じられる“現し(あらわし)”として使用できる。火災が生じた場合、断熱効果(燃え代層)と吸熱効果(燃え止まり層)で、柱と梁(はり)などの荷重支持部を火災の熱から守り、これまでに大規模建築や中高層建築物で採用実績がある。

「燃エンウッド」 出典:三井不動産

 また、プロジェクトの資金調達では、企業や地方自治体などが、国内外の地球温暖化などの環境問題の解決に貢献する事業「グリーンプロジェクト」で、資金を集めるために発行する債券「グリーンボンド」の活用を検討している。

今回開発する物件の位置図 出典:三井不動産

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.