まとめ
» 2020年09月25日 12時00分 公開

電子ブックレット(BUILT):BIMの工数を大幅削減した長谷工の自動化ツール群「H-CueB」活用法

ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回紹介するのは、オートデスク主催のプライベートイベント「Autodesk University Japan 2019」で、長谷工コーポレーションが長谷工版BIMの概要や長谷工版BIM向けの自動化ツール群「H-CueB」ついて説明したセミナーです。

[BUILT]

ウェブサイトに掲載した記事を「電子ブックレット」として編集し直しました。BUILT読者会員の皆さまであれば、無料でダウンロードして読むことができます。

BIMの工数を大幅削減した長谷工の自動化ツール群「H-CueB」活用法

アイコン クリックでダウンロードページへ

 2019年10月に都内で開かれた「Autodesk University Japan 2019」から、長谷工コーポレーションのセミナーをレポートします。

 長谷工コーポレーションは、創業以来、マンション建設に特化した準大手ゼネコンで、BIM採用以降、「BIM推進室」や設計業務をBIMで行う「BIM設計部」、「建設BIM推進部」を立ち上げました。2019年6月時点で東阪合わせ、132件の実施設計を完了させ、うち57件が竣工済みです。長谷工コーポレーションが、BIMを導入した際に、CAD作図より手間がかかるという問題をどのようにH-CueBで解決したか、BIMで実施設計図と施工図を1枚の図面に集約するために何を行ったか、その答えを講演取材を通して明らかにしています。

 電子ブックレットは下記より、ログインまたは会員登録後に無料でダウンロードできます。

ダウンロードボタン

・ブックレットは無料でTechFactoryホワイトペーパーダウンロードセンターよりダウンロードできますが、読者登録が必要です。
・電子ブックレットは、PDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.