ニュース
» 2020年07月15日 09時00分 公開

「Dropbox Business」と「SPIDERPLUS」が連携、直接画像の取り込みが可能に産業動向

Dropbox Japan製クラウド型ストレージサービス「Dropbox Business」と建設業向け施行・図面管理アプリ「SPIDERPLUS」が連携し、Dropboxに保存した画像を直接SPIDERPLUSに取り込めるようになった。

[BUILT]

 Dropbox Japanは2020年2月19日、同社の法人向けクラウド型ストレージサービス「Dropbox Business」が、レゴリスが開発・販売している建設業向け施行・図面管理アプリ「SPIDERPLUS」と連携したことを発表した。

今回の連携により「Dropbox Business」に保存してある画像を直接「SPIDERPLUS」に取り込めるように

 SPIDERPLUSは、2020年1月時点で全国480社の建設会社などで使われているアプリで、3万人を超えるユーザーが使用している。今回の連携で、Dropboxに保存している画像を直接SPIDERPLUSに取り込めるようになった。

 Dropbox Businessは、ファイルを同期するためのサービスとして開発されたが、現在はチームで扱う全てのデータを1か所に集約するツールとして活用されており、約45万組のグループで広く使用されている。建設業界では、設計会社や工事会社が、複数の組織をまたいで共同作業をする際に、Dropbox Businessを使うケースが増えている。

 同社の調べによれば2019年に、建設関連のユーザーやチームは、設計会社や工事会社と共同作業をしながら、15億以上のファイルをDropbox Businessに作成し保存した。多くのファイルは毎日、参照や編集、共有がされており、ファイルの形式は、建設業界の共同作業で一般的なJPGやPDF、DWG、Excelが大半を占めた。

 建設関係者から評価を集めたポイントは、現場からDropbox Businessにアクセスする際に、VPNを使用することなく、スマートフォンやタブレットなどで、ファイルの編集やコメントの入力が行え、外出先からオフィスに戻る必要がないことだった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.