VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2019年11月20日 10時00分 公開

熊谷組が開発した建機をVRで遠隔操作する新技術、傾き・振動・音も体感建機自動化(2/2 ページ)

[BUILT]
前のページへ 1|2       

今後は無人化施工オペレータの育成に取り組む

 一連のシステムにより、オペレーターは操作座席(VRコクピット)でジョイスティックを用いてマシンを操作し、遠隔で動かされた建機の映像と音および動きは、遠隔操作座席でもリアルタイムに再生されるため、オペレーターは搭乗操作と同じ感覚でコントロールすることが可能となる。

VR遠隔操作室 出典:熊谷組
VR遠隔操作室 出典:熊谷組

 遠隔操作室の操作信号と、建機の映像と動きデータの無線転送には、熊谷組が雲仙普賢岳などの災害復旧工事で確立させた、複数の建機を遠隔操作するネットワーク対応型無人化施工システムの要素技術を活用している。

 新技術の実証試験は、茨城県つくば市の熊谷組技術研究所内に整備した屋外実験ヤードで検証実験を実施し、その有効性を確認したという。

 今後は、災害時の迅速な応急復旧業務に備える目的で、協力会社との間で結成したチーム「KUMA-DECS」の訓練に採用し、無人化施工に特化したオペレーターの養成を行い、熟練オペレーターの技能を次世代へ継承していくとしている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.