ニュース
» 2019年10月21日 08時00分 公開

GIS:サイバー空間でレジリエントな地域・都市のデザインを支援「X-GIS」開発

東北大学と日本工営が、サイバー空間でレジリエントな地域・都市デザインを支援するX-GIS(eXtended GIS)の共同開発を進めている。数値シミュレーションとGIS(地理空間情報システム)を活用しながら、さまざまな災害リスクの評価や情報分析を統一された環境の中で実施し、レジリエンス向上のためのシステム構築を目指す。

[BUILT]

 東北大学災害科学国際研究所と日本工営が、共同でX-GIS(eXtended GIS)の開発を進めていることを発表した。X-GIS とは、数値シミュレーション(※1)と GIS(Geographic Information System:地理空間情報システム)(※2)との融合を可能にするシステムで、災害からの回復力が高い(レジリエントな)地域・都市のデザインを支援するツール。

※1 物理や数学、コンピュータを使って行う災害シミュレーション

※2 地理的位置と空間データを総合的に管理し、情報の視覚的表示・分析を可能にする技術

 X-GISは、地震や津波などの災害が発生した場合に、実際の生活空間の地形、地下構造、構造物などに生じた災害情報を地図情報と紐(ひも)付けて一元管理する。その上で、記録情報から災害シミュレーションに必要な各種データを生成し、シミュレーション結果を分かりやすく可視化する機能を持つ。

photo X-GISによる地震リスク評価の例 出典:東北大学

 X-GISを活用することにより、地震や津波リスクの評価、防災対策の効果や災害復興時の段階的な整備効果の検証などが容易になる。「地震時のリスクが高い場所はどこか?」「防潮堤によってどの程度まで津波の被害を軽減できるか?」「災害に強い町並みは?」などの問いに対する判断材料が増えるので、より効率的・合理的な災害対策を実施できる。

photo X-GISによる津波リスク評価の例 出典:東北大学

 プロトタイプ構築中の現段階では、一部地域を対象として、地震動と津波の数値シミュレーションのための入力データの作成、シミュレーション実行、結果の表示までが可能となっている。今後について東北大学と日本工営は、「最終的にはさまざまな災害のリスク評価や情報分析を統一された環境の中で実施できるシステム構築を目指す。避難シミュレーション機能などの実装も進めていく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.