ニュース
» 2019年06月18日 07時22分 公開

ドローン:「SENSYN FLIGHT CORE」に壁面撮影と3Dルート作成の新機能、センシンロボ

[谷川整,BUILT]

 センシンロボティクスは、ドローンによる業務自動化統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」をアップデートし、構造物の壁面を撮影する機能などを拡充した。

壁面スキャンは2面以上の壁面撮影にも対応

 SENSYN FLIGHT CORE(センシンフライトコア)は、ドローンによる業務を自動化するための統合プラットフォームで設備点検や災害対策、警備、監視などの用途で活用されている。簡単なフライト設定やフライトプラン/実績データの一元管理の他、複数機による同時飛行や、さまざまなメーカーのドローン機体への対応、無人航空機管制(UTM)との接続など、多くの機能を搭載している。

多様な機能を持つSENSYN FLIGHT CORE 出典:センシンロボティクス

 通常、ドローンの操縦と撮影には、オペレータに専門のスキルが必要とされる。特に建物などの壁面をはじめ、特定のスポットを撮影するためには、高い難度の経験が求められ、そうした経験値のあるドローンパイロットを確保する場合は、想定以上のコストが発生するケースも少なくない。

 そこで今回のアップデートでは、「壁面スキャン」の機能を追加。さらに3Dルートを作成する「3Dウェイポイント」も搭載し、特別な技術がなくても直感的な操作だけでドローン飛行の設定を行うことが可能になった。

 壁面スキャンは、倉庫や工場、マンションなどの壁面を対象にしたドローン撮影が簡単な設定だけで実現する。PCの画面上に表示された周辺の航空写真をベースに、撮影したい構造物の面を指定し、緯度・経度情報などを確認して飛行。単一の面だけでなく、複数面を1回のフライトで取得できるため撮影時間の短縮につながる。

「壁面スキャン」の設定 出典:センシンロボティクス

 3Dウェイポイントは、これまで平面マップ上で行ってきた飛行ルート設定を新たに3Dマップにも対応させた。壁面スキャンでは対応しきれない構造物に対しても、自動での撮影が可能になる。例えば巨大な立体構造物の画像を複数入手するケースなど、同一の箇所をさまざまな高さで撮影するようなシチュエーションのときに有効となる。

「3Dウェイポイント」の設定 出典:センシンロボティクス

 今回のアップデートを受け、センシンロボティクスでは、「FLIGHT COREを使用することで、特別な技術がなくても簡単にドローン飛行の設定を行うことが可能になる」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.