VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2019年05月29日 06時32分 公開

VR:VR空間で3Dモデルを修正できる「SYMMETRY」、自動翻訳の次はBIM対応 (3/3)

[石原忍,BUILT]
前のページへ 1|2|3       

次回アップデートでは“BIM”に対応

VR空間内の自分がいる場所に人を集める「Gather(集合)機能」 出典:Symmetry Dimensions
特定の人がいる場所にテレポートする「Join(追従)機能」 出典:Symmetry Dimensions

 SYMMETRYの現状での純粋な対応ファイル形式は、SketchUpのみで、オートデスクのRevitやグラフィソフトのArchiCADといったBIMモデルは、中間ファイル形式にエクスポートする必要がある。

 沼倉氏によれば、「2019年秋に予定しているVer2.0のアップデートではArchiCAD、その先のVer2.1以降はRevitと、BIMへの対応を強化させる。さらに、PC、モバイル、スタンドアロンタイプなど、VRのデバイスも拡充していく方針だ。新機能は、ユーザーの声をフィードバックする形で行っており、まず日本で先行して新しい機能を実装している」と語る。

 SYMMETRYの特徴としては、多くのVRソフトはビジュアライゼーションに向かう傾向が強い。その点、SYMMETRYはコミュニケーションに注力し、認識の齟齬(そご)を解消することに重点を置いているのが、他のVRソフトとの差別化になっている。今後、BIMへ対応するようになれば、現在の設計だけにとどまらず、施工、維持管理といった領域での新たなVR活用も見込まれる。

SYMMETRY開発のロードマップ
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.