ニュース
» 2019年05月23日 08時00分 公開

スマートシティー:三井不動産、MaaS実用化に向けた協業でMGと契約締結

三井不動産は、MaaSの実用化に向け展開を進めている。このほど、MaaSのプラットフォーム「Whim」を展開するフィンランドのMaaS Global(MG)と街づくりにおけるMaaSの実用化に向けた協業について契約を締結した。今後、MGのMaaS事業の知見を生かしサービス化に向けて展開していく。

[BUILT]

 三井不動産は、世界初だという本格的なMaaS(Mobility as a Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)のプラットフォーム「Whim(ウィム)」を展開するフィンランドのMaaS Global(マーズグローバル、MG)と街づくりにおけるMaaSの実用化に向けた協業について契約を結んだ。

2019年内に交通事業者と連携した実証実験を開始

 三井不動産は、同社の街づくりでの幅広い事業領域と、MaaS Globalがグローバルで展開してきたMaaS事業の知見を生かし連携強化を図るとこに加え、交通体験だけでなく、街の住人や労働者の生活を快適にする街づくり視点でのMaaSの実用化にこれまで取り組んできた。

 今後、両社で2019年内に首都圏において交通事業者などと連携した実証実験を開始するとともに、サービス化に向けた取り組みを展開していく。

 また、三井不動産ではMaaS Globalへの出資を実施。三井不動産は出資理由について世界の知見を生かした日本でのMaaSの本格的な実用化に向け出資を決定したとしている。

 MaaSのプラットフォームとなるWhimは、MaaS Globalが提供するMaaSの統合スマホアプリ。Whimは都市交通で、MaaSを世界で初めて実践した事例だという。公共交通だけでなく、タクシー、レンタカー、カーシェア、自転車シェアなどの移動手段に対応している他、料金体系は世界初だという交通サブスクリプションモデル(定額制)を導入している。

タクシー、レンタカー、カーシェアなどにも対応しているWhim

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.