まとめ
» 2023年06月06日 12時00分 公開

東大 i-Con学 永谷特任教授が提言する「建機自動化の現在地と、標準プラットフォームの重要性」電子ブックレット(BUILT)

ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、ロボティクス/建設機械分野で研究を続ける、東京大学大学院 特任教授 永谷圭司氏の建機自動化に関する講演のまとめです。

[石原忍BUILT]

ウェブサイトに掲載した記事を「電子ブックレット」として編集し直しました。BUILT読者会員の皆さまであれば、無料でダウンロードして読むことができます。

東大 i-Con学 永谷特任教授が提言する「建機自動化の現在地と、標準プラットフォームの重要性」

アイコン クリックでダウンロードページへ

 ここ10年ほど、日本の建設業では就業者数が伸びておらず、就業者の年齢構成も高齢化が進んでいます。そのため、建設DXのなかでも、建設機械の自動化は、このような状況を変えるために必要とされています。

 本ブックレットでは、「第4回 建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO 2022)」での東京大学大学院 特任教授 永谷圭司氏の講演を採り上げます。

 永谷氏は、i-Constructionを実現するための研究開発を行うとともに、プロフェッショナル育成の学問体系を構築する目的で、東京大学大学院 工学系研究科に設立された「i-Constructionシステム学」寄付講座に所属。講演では、建設業の生産性向上策として建機の自動化に焦点をあて、関連技術を紹介しています。


【要旨】
 ・建設業の現状改善には、DX導入が急務
 ・位置推定やマシンコントロールなど、“できること”は増えている
 ・建機制御の開発を効率化する標準プラットフォーム

電子ブックレットは下記より、ログインまたは会員登録後に無料でダウンロードできます。

ダウンロードボタン

・ブックレットは無料でTechFactoryホワイトペーパーダウンロードセンターよりダウンロードできますが、読者登録が必要です。
・電子ブックレットは、PDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.