ニュース
» 2023年06月05日 08時00分 公開

大風量送風で結露を抑制する空調用誘引ユニット「in-DUCT」を開発BAS

大林組は、消費電力や設置コストを抑え、大空間や半屋外空間の空調に必要な大風量送風ができ、結露も抑制するユニット「in-DUCT(インダクト)」を開発し、ES CON FIELD HOKKAIDOに初導入した。

[BUILT]

 大林組は、アトリウムやスタジアムなど、主に大空間や半屋外空間向けの空調用誘引ユニット「in-DUCT(インダクト)」を開発した。

in-DUCTを導入したES CON FIELD HOKKAIDO in-DUCTを導入したES CON FIELD HOKKAIDO 出典:大林組プレスリリース

 温暖化による夏季の高温多湿化が進み、アトリウムやスタジアムなどの大空間や半屋外空間でも、快適な空調環境が求められている。一方、これらの空間は外気の流入で湿度が上がるため、空調設備には大風量の送風、吹出し口の結露防止対策が必要だ。

 同社は、消費電力や設置コストを抑え、大空間や半屋外空間の空調に必要な大風量送風ができ、結露も抑制する空調用誘引ユニットin-DUCTを開発し、プロ野球北海道日本ハムファイターズの新球場であるES CON FIELD HOKKAIDOに初導入した。

 in-DUCTは、空調機送風量の約50%を空調機周囲から誘引。1時間当たり最大1万8000立方メートルの混合空気を送風する。そのため、室温と送風温度との温度差が小さくなり、吹出し口の冷却による結露を抑制できる。また、必要風量に応じた3タイプをラインアップし、効率的な空調システムを可能にした。

煙による誘引状況の可視化実験の様子 煙による誘引状況の可視化実験の様子 出典:大林組プレスリリース
誘引気流を再現したシミュレーション 誘引気流を再現したシミュレーション 出典:大林組プレスリリース
必要風量に応じて開発した3タイプのin-DUCT 必要風量に応じて開発した3タイプのin-DUCT 出典:大林組プレスリリース

 in-DUCTは動力が不要であるため、気流方向さえ守れば本体を設置する向きに制約はなく、ダクトの一部として施工できる。また、配管などと近接設置しても、誘引空気の経路が確保できるデザインであり、既存の空調システムへの設置や再利用が可能だ。

 in-DUCTは周囲の空気を誘引するため、空調機の処理風量を、吹出し必要風量の約3分の2に抑えられる。これにより、空調機の能力やダクトのサイズダウン、スペースを削減し、イニシャルコストを約20%削減できる。空調機の風量削減に伴うファン動力の低減により、消費電力を約17%削減、CO2排出量を削減できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.