まとめ
» 2023年05月16日 12時00分 公開

アドビ独自調査でみる「改正宅建法で不動産業界のデジタルシフトは実現するか?」電子ブックレット(BUILT)

ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」に再構成しました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、「“不動産テック”を阻む諸課題とその対応策」と題したアドビ デジタルメディア ビジネスマーケティング執行役員 竹嶋拓也氏の寄稿まとめです。

[BUILT]

ウェブサイトに掲載した記事を「電子ブックレット」として編集し直しました。BUILT読者会員の皆さまであれば、無料でダウンロードして読むことができます。

アドビ独自調査でみる「改正宅建法で不動産業界のデジタルシフトは実現するか?」

アイコン クリックでダウンロードページへ

 他業界に比べるとDX推進が遅れていた不動産業界でも、2022年5月に改正宅地建物取引業法(宅建業法)が施行されたことで、今後は急速にデジタル化が進むと予測されています。

 本ブックレットでは、アドビ デジタルメディア ビジネスマーケティング執行役員 竹嶋拓也氏が、アドビ独自の調査データをもとに、不動産業界を取り巻く業務上の課題を改めて整理し、法改正を機に今後どのように変わっていくのかを解説しています。


【要旨】
・アドビ独自調査「営業職の現場業務のデジタル化状況調査」
・働き方改革を阻害する、書類業務の運用上のコストとリスク
・改正宅建法で、これまでできなかった契約のデジタル化が可能に

 電子ブックレットは下記より、ログインまたは会員登録後に無料でダウンロードできます。

ダウンロードボタン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.