ニュース
» 2021年08月06日 09時00分 公開

大成建設が環境配慮コンクリを使用したシールドセグメントを開発、管路施設工事に適用施工

大成建設は、環境配慮コンクリート「T-eConcrete」を使用したシールドセグメント「T-eCon/Segment」を開発し、大阪府大阪市内で施工を進める下水処理場内の管路施設工事に導入している。

[BUILT]

 大成建設株は、環境配慮コンクリート「T-eConcrete」を使用したシールドセグメント「T-eCon/Segment」を開発したことを2021年7月1日に発表した。

コンクリート材料製造時のCO2排出量を従来のセグメントと比較して7割以上削減

 同社は、建設分野におけるCO2排出量の削減を目的に、従来のコンクリートを代替する新しい材料や施工法の開発、改善に取り組んできた。具体的には、2014年に開発した環境配慮コンクリートのT-eConcreteは、普通セメント(ポルトランドセメント)の代わりに産業副産物の高炉スラグやフライアッシュ※1などを混合したコンクリートで、材料の製造過程で発生するCO2排出量をカットした。

※1 フライアッシュ:石炭火力発電所で微粉炭の燃焼により発生する石炭灰のうち、集塵器で採取された灰

 今回、大成建設が開発したT-eCon/Segmentは、T-eConcreteを用いたシールド工事の構造部材で、コンクリート材料製造時のCO2排出量を従来のセグメントと比較して7割以上削減する。

環境配慮コンクリートセグメント「T-eCon/Segment」 出典:大成建設
「T-eCon/Segment」の製作の流れ 出典:大成建設

 さらに、従来のセグメントと同様の方法で製作および施工が可能で、強度、耐荷性、耐久性も従来と同等以上の性能を備えている。また、高炉スラグを大量に使用しており、資源の有効利用に貢献する。

 大成建設は、既に海老江ウォーターリンク発注の下水処理場シールドトンネル工事で、2021年6月から、外径6.4メートルのシールドトンネルで用いるセグメント5リング分(延長6メートル)の施工でT-eCon/Segmentを適用している。

「T-eCon/Segment」の曲げ試験状況 出典:大成建設

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.