ニュース
» 2020年05月29日 08時00分 公開

VR:ニコン・トリンブルが建築施工現場用MRを販売、施工BIMを推進

ニコン・トリンブルは、Microsoft製HoloLens 2に厚生労働省規格に適合したヘルメットと骨伝導ヘッドセットを組み合わせた施工現場用デバイス「Trimble XR10」の販売を開始した。MR技術を多様な現場に提供し、施工BIMを推進するソリューションとして活用できる。

[BUILT]

 ニコン・トリンブルは2020年5月12日、建築施工現場用Mixed Realityデバイス「Trimble XR10」の発売を同社特設Webサイトで開始した。

 Trimble XR10は、厚生労働省が定める保護帽規格および絶縁保護具規格に適合したヘルメットに、Microsoft製HoloLens 2と骨伝導ヘッドセットを組み合わせた施工現場用デバイス。別売のクラウドサービスTrimble Connect for AR/VRと併用することでで、MR技術を多様な現場に提供できる。

Trimble XR10 側面(左)と正面(右) Trimble XR10 側面(左)と正面(右) 出典:ニコン・トリンブル

 Trimble XR10のベースとなるのは、マイクロソフトの最新Mixed Realityデバイス、HoloLens 2。ヘッドトラッキング機能・ハンドトラッキング機能を新たに搭載し、画質・画角が向上しているため、直感的な3Dモデルの運用が可能だ。HoloLens 2はヘルメットや骨伝導ヘッドセットと一体化しており、安全な管理環境で作業員が直接3D施工データを運用できる。

Trimble Connect for AR/VRの操作画面イメージ Trimble Connect for AR/VRの操作画面イメージ 出典:ニコン・トリンブル

 別売のクラウドサービス、Trimble Connect for AR/VRと併用すれば、設計データの3Dモデル化も容易だ。Trimble XR10で現場の3Dモデルを確認しつつ、空間把握や課題抽出を行うことで、手戻りの低減に貢献するほか、設計データと現物相互の干渉チェックも省力化できる。

Trimble Connect for AR/VRを用いた3Dモデル表示 Trimble Connect for AR/VRを用いた3Dモデル表示イメージ 出典:ニコン・トリンブル

 Trimble XR10同士のコラボレーション機能やクラウド上でのタスク共有を利用すれば、現場で発見した問題をその場で作業者に指示したり、作業員同士でタイムリーに進行状況を把握できたりするなど、施工関係者間の合意形成も迅速化する。

 Trimble Connect for AR/VRは、SKP、IFC、RVT、DWG、DXFなど各種CAD形式に対応しており、手持ちの3D設計データがすぐに活用できるのも特長だ。

 Trimble XR10の価格は64万8000円で、ニコン・トリンブルの特設Webサイトで購入できる。Trimble Connect for AR/VRは現在準備中である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.