ニュース
» 2020年03月26日 08時00分 公開

製品動向:新たな遠隔作業支援ソリューションを開発、「V-CUBEコラボレーション」とスマートグラスを連携

ブイキューブは、展開する拠点間情報共有システム「V-CUBEコラボレーション」と米RealWear製スマートグラスを連携した遠隔作業支援ソリューションを開発した。

[BUILT]

 ブイキューブは2020年3月2日、拠点間情報共有システム「V-CUBEコラボレーション」と、米RealWear製スマートグラスを連携した遠隔作業支援ソリューションの提供を開始すると発表した。

フルハーネスに対応したハンズフリーを実現

 V-CUBEコラボレーションは、離れた場所にいる作業員同士が資料共有や映像書き込み、写真送信などを介して、コミュニケーションをとれる「建設業向け遠隔現場監督・作業支援システム」として国土交通省新技術情報提供サイト「NETIS」に登録されている。

RealWear製スマートグラス(左)と本部と現場を接続した際のスマートグラス側の画面イメージ(右) 出典:ブイキューブ

 ブイキューブは、遠隔作業支援ソリューションの開発にあたり、建設・設備関連の企業と現場実証を重ね、RealWear製スマートグラスと完全連携するように、V-CUBE コラボレーションをカスタマイズした。

 遠隔作業支援ソリューションは、映像のズーム機能やフラッシュ点灯、現場写真を撮影して本部側に送るなど業務の遂行に必要な性能を実装している。騒音環境下でも遅延なくハンズフリーで作業を進められ、フルハーネスに対応したハンズフリーも実現している。

 また、スマートグラスの装着者は音声操作で、遠隔地のスタッフと視界を共有しながら、目視確認や状況把握、確認、検査などが可能。現場のネットワークが狭帯域であってもストレスなく双方向でコミュニケーションが行え、熟練者が現場に足を運ぶことなく、施工管理や監督などの業務や新人のサポートをスムーズに実施できる。さらに、クラウドとオンプレミスにも対応している。

 ブイキューブが新ソリューションを開発した理由は、現場を可視化し、遠隔地からも確かめられるようにしたいというニーズが多くの関係会社から同社に寄せられたからだ。加えて、作業ミスを防ぐ多重チェックにおける二人作業の効率化や未熟な作業員の支援、育成なども、現場の見える化で実施したいというニーズも同社に舞い込み、新ソリューション開発の一因となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.