ニュース
» 2020年03月10日 08時00分 公開

新工法:大成建設、環境配慮型解体工法「テコレップ-Lightシステム」開発

大成建設は、周辺環境に配慮しながら超高層ビルを解体する、環境配慮型解体工法「テコレップ‐Lightシステム」の開発を発表した。適用可能な建物を拡大し、さらなる短工期・低コストでの解体を実現する。

[BUILT]

 大成建設は2020年2月25日、周辺環境に配慮しながら超高層ビルを解体する、環境配慮型解体工法「テコレップ・システム」の最新版として、「テコレップ‐Lightシステム」の開発を発表した。軽量屋根フレームとジャッキ架台をユニット化することで、より短期間で閉鎖空間を実現でき、短工期・低コストでの解体を行う。

 テコレップ・システムとは、旧グランドプリンスホテル赤坂(赤プリ)などで適用した解体工法の総称だ。超高層建築物の最上部に閉鎖空間を構築し、周辺環境に対して解体で生じる粉じん、騒音などの影響を最低限に抑え、上層部より解体、ジャッキダウンによる降下を繰り返す。

テコレップ-Lightシステム テコレップ-Lightシステムの概念図) 出典:大成建設

 今回開発したテコレップ‐Lightシステムは、ジャッキシステムの機構変更により、鉄骨造だけでなく、鉄筋コンクリート造および鉄骨・鉄筋コンクリート造の建物にも適応可能だ。さらに、解体作業時は軽量屋根フレームの上部を作業床にして、既存建物の柱を切断すると同時に、屋根フレームに覆われた閉鎖空間でスラブ、梁、外壁の解体を行い、同時作業による効率化を図り、工期短縮を実現した。

テコレップ-Lightシステム テコレップ-Lightシステムを用いたビル解体 実施状況 出典:大成建設

 新システムでは、従来のジャッキ一体型仮設柱以外に、既存柱を利用したジャッキシステムを開発し、さまざまな形、太さの既存柱に合わせて設置できるフレームを実現。これにより、鉄骨造だけでなく鉄筋コンクリート造、鉄筋・鉄骨コンクリート造の建物にも適応可能となった。また、2本の柱で1つのジャッキを使用するシステムにより、ジャッキの台数を大幅に減らした。

ジャッキダウン直前の内部の様子 ジャッキダウン直前の内部の様子 出典:大成建設

 また、足場と屋根フレームを一体化することで、足場を建物に対して水平に支持し、台風・地震時においても安全なジャッキダウンを可能とした。今後は『テコレップ・システム』シリーズの各種要素技術を応用し、さまざまな建物にあった解体工法を展開していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.