ニュース
» 2019年06月13日 07時00分 公開

国内最大級延べ29.6万m2の物流施設「ロジポート川崎ベイ」が竣工

ラサール不動産投資顧問、三菱地所、NIPPOの3社は、川崎市川崎区でかねてより開発を進めていた国内最大級のマルチテナント型物流施設の竣工を発表した。

[遠藤和宏,BUILT]

 国内最大級のマルチテナント型物流施設「ロジポート川崎ベイ」が、2019年5月31日に竣工した。ラサール不動産投資顧問、三菱地所、NIPPOの3社が、神奈川県川崎市で開発を進めていた建造物で、100%の契約率で完工した。

延床面積29万6780平方メートルの大型物流施設

 ロジポート川崎ベイの構造規模は、SRC造合金メッキ鋼板ぶき、地上5階、延床面積29万6780平方メートル。設計監修は久米設計、設計施工を大林組が担った。着工は2017年12月15日、竣工が2019年5月31日。所在地は神奈川県川崎市川崎区東扇島7番地1で、敷地面積13万4832平方メートル。

ロジポート川崎ベイ外観

 館内には900台以上の通勤用駐車場や120台以上のトラック待機場の他、休憩室、売店、シャワー室、コインランドリースペースも完備している。

家具設置時の南側休憩室

 防災面では、24時間365日稼働の防災センターが館内のセキュリティを維持することに加え、災害に備えた72時間稼働の非常用発電機を導入しており、従業員の安全とBCPにも配慮。

家具設置時の北側休憩室

 倉庫部分は、1〜4階が高床倉庫で、最上階が低床倉庫を整備している。1フロア につき、730坪の広さとなる1区画 から1万5300坪の18 区画まで倉庫面積を選択できるため、さまざまなテナントニーズに対応可能だ。

3階北東側の倉庫

 立地は、最寄りの首都高速湾岸線の東扇島出入口まで約1.5キロに位置し、東京や横浜へのアクセスに優れている。また、川崎港の近辺にロケーションしている上、首都高速湾岸線を経由して各高速道路への接続も良好なことから広域への輸配送もカバーできる物流適地にあるという。2023年度には臨港道路東扇島水江町線が完成する予定であり、交通利便性の向上が期待される。

 この他、建築物の環境性能評価システムである「CASBEE新築」のAランク取得を予定している。

敷地南東角からの鳥瞰

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.