ニュース
» 2019年03月06日 07時00分 公開

AIがスマホの写真から“外壁仕上げ材”11種を自動で判定、ジャストが無料サービス開始

建設業界のさまざまな課題をAIによる解決を目指しているジャストは、スマートフォンなどで撮影した画像から外壁材の種類を判別する無料サービスを開始した。

[BUILT]

 ジャストは、撮影した写真から外壁の種類を教えてくれる無料AIサービス「外壁の仕上材判定AI」のWeb版とiOS・アンドロイドアプリ版をリリースした。

11種類の外壁の仕上材をAIが自動で判定

 このサービスでは、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した外壁の画像をアップロードすると、AIが仕上材の種類を自動で判別する。対応している外壁は11種類で、ALC板、ガラスカーテンウォール、ガラスブロック、コンクリートブロック、コンクリート打ち放し、金属系外装材、スレート波板張り、タイル張り、吹付タイル、押出成形セメント板、石張り。

この画面で写真をアップロードして「判定する」ボタンを押せば、判定結果が表示される。コンクリートブロックの例 出典:ジャスト
コンクリートブロックの判定結果 出典:ジャスト

 機械学習のフレームワークには、実績あるGoogle製フレームワーク「TensorFlow」、それをバックエンドとする「Keras」を利用。これらのフレームワークにより、迅速な反復開発が可能となった。開発言語は、機械学習の世界で標準的となっている「Python3」を使用している。

 また、ImageNetと呼ばれる極めて大規模な画像分類データセットで学習した「VGG16(オックスフォード大学のVGG研究チームが開発した全16層のニューラルネットワーク)」をベースに、ある領域で学習させたモデルを別の領域に適応させる転移学習を行っている。VGG16の全結合層を取り除き、新たに壁面仕上げ(11種類)ああに適した全結合層をつなげたモデルを再構築した。

 ジャストは、“人工知能で建築業界の未来を豊かにする”をビジョンとし、構造物に関わるデータをディープラーニング(機械学習)により付加価値に転換するサービス「J-Brain」を掲げている。今回の外壁の仕上材判定AIサービスは、J-Brainや建設業界に特化したAIを学習させるための教師データ作成サービス「J-Brain Annotaition」の実績積み上げや周知活動の一環だという。

 今後については、「精度の向上やより多用な建築部材の学習の他、建築・土木構造物に関わるAIによる調査診断にチャレンジしていく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.