Special
» 2019年03月18日 10時00分 公開

知識不要でBIMをAR/MRに:建設業界のAR/MR活用、スモールスタートで成果を出すためのポイントとは?

[PR/BUILT]
PR

 ここのところ建設業界でも、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の低価格化やi-ConstructionでのBIM/CIMの利用促進を追い風に、ARやVRといった“XR技術”の活用が始まっている。XRの中でも、とくに「Microsoft HoloLens(以下、HoloLens)」の普及によって、これまで肉眼で見えなかった完成前の建物や竣工後の設備が、AR/MR技術で現実の世界に“可視化”できる可能性には多くの期待が寄せられている。

 だが、こうした3次元モデルのAR/MR活用で、最もネックとなっているのが“データ変換”だろう。この課題の解決に、いち早く取り組み、建設業界向けに導入支援を行っているのが、SB C&Sホロラボだ。両社のデータ変換サービスに関する最新の話題では、2019年2月24日にマイクロソフトが、「MWC 19 Barcelona」で発表したばかりの「HoloLens 2」への対応も、他社に先駆け表明している。

 XR技術に精通するSB C&Sの遠藤文昭氏と、ホロラボCEOの中村薫氏へのインタビューから、建設業界でAR/MR技術を活用するには何が必要で、今後どの様な可能性があるのかを探った。

AR/MR変換の壁を取り払うには?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:SB C&S株式会社
アイティメディア営業企画/制作:BUILT 編集部/掲載内容有効期限:2019年4月17日

関連リンク